代表プロフィール

和田裕美(Hiromi WADA)

作家・営業コンサルタント
京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授
京都生まれ

Hiromi Wada / Profile

Born and raised in Kyoto. Moved to Tokyo after graduating university.
After working as an inside sales for a clothing company, she decided to move onto greater opportunity from a simple crave for a greater wage. But life was not that easy, and in her job hunt, she was rejected by every company she applied for. When she was about to give up and return to her home town thinking “Maybe I can’t do this anymore…,” she landed a job as a full-commission salesperson at a foreign-based educational company, and that being her only choice, she decided to take it.
Because of her shyness, she started off her career as a dropout (as a first year salesperson), and she struggled to bring any results. But after she noticed that what she must do was “gently give people a supportive push in the back,” she began to win her contracts, and from the joy of being appreciated by her customers, she discovered the fun of being a salesperson, and went on to develop her unique sales method.

From there, she developed her sales method of “creating fans” which she won 40% of her entire contracts through word-of-the-mouth, and 98% of customers who listened to her sales presentation went into contract.

Within a short period of time, she was repeatedly promoted, and while still in her twenties, she became the first female divisional inspector of a branch, a prestigious position only for one in twenty thousand. Her performances greatly influenced later sales people, and she achieved many successful results.

From there, she climbed the corporate ladder up to VP of Sales, managing one hundred employees in twenty branches all over the country.

In 2001, due to corporate decision of withdrawal from Japan, branches were shut down and four hundred employees were laid off. Without a job and an income, she realized that “All I can do is train sales people and pass on the thrill of the job,” and established an independent firm, Perie, Inc. From there, she has been working as a sales consultant to assist building their organizations in various industries.

これまで出版した著書は50冊を超え、累計200万部超えのベストセラー作家として、ビジネス書だけでなく、絵本や小説と幅広く執筆中。もともとは、外資系教育会社でのフルコミッション営業で、お客様の98%から契約をいただき世界142カ国中第2位の成績を収め、20代で女性初の支社長となった実績を持ち、その後和田裕美事務所株式会社を設立。
自らの経験をもとに、「陽転思考」や「ファンづくり営業」「人に好かれる話し方」などのテーマで、国内外でセミナーや講演を多数実施。啓蒙活動につとめる。これまでに10万人以上が受講し、多くの人生を好転させてきた。
代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界№2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。2015年出版の『成約率98%の秘訣』はアマゾンビジネス・セールス部門で1位を獲得。

もっと詳しいプロフィール

英語に目覚めた少女時代

幼い頃は、内気で目立たない“ネクラタイプ”。尊敬する姉がバレーボール部の花形・エースアタッカーだったのに対し、ヒロミは真面目に練習に励んでも万年補欠。どこかどんくさい少女だった。一方で、得意分野は英語。中学、高校と英語教師に恵まれたことでめきめきと上達し、ネクラ少女は英語を話している時だけは人格を変えて明るくハキハキと話すことができた。その後、京都光華女子大学英文学科に進学し、サンフランシスコにてホームステイを経験。高校の英語教師の教員免許も取得した。

挫折を経験した漂流時代

英会話スクールを半年でやめた後、婦人服のアパレルメーカーに就職。配属先は地下の暗い在庫室で、ここでのミッションは何百という品番を覚えてバラバラになった品番を揃えること。当時これといったスキルがなかったヒロミは、手を真っ黒にしながら汚れたビニール袋をひたすら変える作業に徹した。努力の成果が現れはじめたのは半年が経過した頃。品番、売れ筋商品、返品が多い不人気商品の傾向を把握するようになる。そんなとき、たまたま在庫室に訪れた常務に「圧倒的な商品知識」を買われ、会社でいちばん明るい場所・ショールーム担当に大抜擢された。
運命の仕事に出会う方法はコチラ

(裏プロフィール)
ワンルームマンションで”納豆ともやし”の質素な暮らしをしていたOL時代。「お金がもっともっと欲しい~!」という切なる思いから、友人の紹介で銀座の高級クラブに飛び込む。ところがそこに待っていたのは、女子力が異常に高い美女集団だった。容姿にも内面にも自信がないネクラ気質は一気に爆発し、わずか一週間で挨拶もそこそこにバックレルこととなった。今は人に「逃げるな」と指導する和田裕美にも、挫折の時代があったのだ。この約一ヶ月後、日本ブリタニカの説明会に参加し、営業時代に突入することとなる。

長者番付けに載ったイケイケ時代

1991年に日本ブリタニカ株式会社に入社したものの数ヶ月は思うように結果が出ず、「将来この仕事を続けていて良いものか…」と悩んだ時期もあったという。悶々とした気持はお客さんにも伝わり、後ろ向きな人間から「2年間で56万円」もする英会話コースの契約をする者はいなかった。そんなときに上司から教わった「陽転思考」という考え方に感銘を受け自らの「姿勢」を変えていくことを決意。お客さんの背中をそっと押す営業手法に変えてからは面白いほど結果が出るようになり、入社3ヶ月目に日本で上位1000人中6位の成績をおさめ新人賞を受賞した。
売れる営業の手法についてはコチラ

個人の成績が伸び始めると、今度は「組織育成」のスキルも並行して問われるようになった。24歳で初めて部下を持ち、その人数が10人とジワジワ増えてく中、個人成績は世界142カ国で2位(日本でトップ)に。同時に組織もどんどん拡大し、わずか数年で70名の組織を束ねるようになり、29歳で最年少にして初の女性代理店支店長に就任。支店長になる直前に、長者番付けにその名が掲載されてしまうほど、ヒロミは”のりにのっていた”。
サーバント・リーダーシップ(奉仕型リーダーシップ)についてはコチラ

いじめに負けなかった本社時代

その後、日本ブリタニカの代理店制度が廃止になってからは組織を解散し、マネージャーとしてはたった一人で本社に残り本社正社員になることに。営業現場から退き、フルコミッションから固定給に変わったことで大幅減給となったものの、セールスプロモーション部で企画やアーケティングを担当することで、仕事の領域を大幅に拡大することに成功
最終的に営業部長となって、今度は固定給の正社員を100名ほど育てる管理職を最年少で任せてもらえるようになった。

(裏プロフィール)
フルコミッションで世界No.2の成績をおさめていた頃の年収は、最高6千万円。本社勤務で固定給に甘んじたとはいえ「社長の次に」高給取りであるたことには変わりがなかった。そんなヒロミへの周囲の嫉妬心は凄まじく、いじめ・セクハラの暗黒時代を迎える。一方、フルコミッションの営業舞台をなくした本部は売上が半減。固定給の社員を抱えられない状況になり、ヒロミにも減給の申し出が。「減給することで気持よく仕事ができるなら…」と、あっさり承諾した。

ブリタニカがついに日本撤退へ

経営不審から社長が次々と変わり、ブリタニカは日本撤退へと突き進んでいく。そんななか、部下への解雇通達、スクール閉鎖のあらゆる業務を受け持つことになり、会社は予定通りクローズ、財務処理を残す数名を残し全員解雇された。本社に異動してわずか2年の出来事だった。

2001年人材育成会社 (株)ペリエ 創業

波瀾万丈の10年で培ってきた営業ノウハウを世に伝えるために、講演会を実施。100回程度講演を繰り返し行ったときに、営業で培った「陽転思考」が和田裕美流に生まれ変わったという。今伝えるノウハウがここで確立した。
また、女性のビジネス本は売れないと言われるなか出版した『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』が大ヒット。ベストセラー作家としての道を歩みはじめ、現在に至る。
2014年4月に和田裕美事務所株式会社として新たなスタートをきった。
講演会のご依頼はコチラから

著書紹介

  • 『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』(ダイヤモンド社)
  • 『こうしてわたしは世界NO.2セールスウーマンになった』(ダイヤモンド社)『やる気が出るコツ続くコツ』(ダイヤモンド社)
  • 『幸せをつかむ!時間の使い方』(ダイヤモンド社)
  • 『和田裕美の人に好かれる話し方』(大和書房)
  • 『誰でもリーダーになれる3つの約束』(幻冬舎)
  • 『奉仕するリーダーになりなさい』(角川oneテーマ21)
  • 『人生を好転させる「新・陽転思考」』(ポプラ社)
  • 『15歳から学ぶ陽転思考の基本』(ポプラ社)
  • 絵本『ぼくは小さくて白い』(朝日新聞出版)

他多数(累計180万部超)

その他所属

  • ・京都光華女子大学 キャリア形成学科 客員教授(2016年4月〜)
  • ・イマジンプラス 社外取締役
  • ・特定非営利活動法人FDA(Future Dream Achievement)名誉顧問
  • ・熊野本宮大社参与
  • ・神社プラス1発起人
  • ・エンジン01会員