10/11神田明神コラボイベント、無事開催いたしました!

サバブロ

HOME > スタッフブログ > 10/11神田明神コラボイベント、無事開催いたしました!

いつもありがとうございます。
HIROWAスタッフです!

 

先日の10/11(日)に
神田明神さんとのコラボイベント

 

「コロナ時代に心を守る神社との向き合い方」 

 

を開催いたしました。

 

台風が接近中とのことで
開催自体できるのか、
多くの方からご心配いただいておりましたが、
和田もスタッフも、
「根拠はないけど大丈夫だよね!」
と考えておりました。

(楽観的な人たち。。)

 

そうしたらなんと!
北上予定だった台風が大きく南に逸れたんです~!!

 

神様のお力としか思えない逸れ方でしたよね!

 

本日はまだまだイベントの興奮冷めやらぬスタッフが、
当日の模様をレポートいたします~♪

 

さあさあ、やってまいりました~

 

台風が逸れた東京は神田。
快晴!というわけではありませんが、
雨は降っておらず、
気温も暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じ。
ちょっと歩いたり動いたりすると汗ばむかな?
といった程度。

 

そんな過ごしやすくて快適な気温、
そして清々しい気分で
神田明神(正式には神田神社)の鳥居をくぐります。

 

とても立派な随神門。
朱色が映えます。

 

 

季節柄、七五三のご参拝の家族連れもいらっしゃいました~。

 

そんな小さいお子さんのほほえましい姿を横目に私は文化交流館EDOCCOへ。

 

こちらが文化交流館EDOCCO。
1階が売店やカフェ、
2・3階は神田明神ホールです。
(この日はホールにてアイドルのライブが開催されていました)

 

 

それでは、入り口を入り、
エレベーターで4階の令和の間へ参ります。

 

普段なかなか一般の方は入ることができない
「令和の間」。
8月開催のセミナーに引き続き利用させていただけるなんて
本当にありがたいです!

 

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが
書かれた「令和」の書。
令和の間の前に飾られています。

 

さあ、令和の間に到着です~!

 

赤いじゅうたんと金の天井という
華やかな空間。
大きな窓の向こうに続く屋上庭園のおかげで
とても開放的で清々しい空気を感じます

 

からの景色
遠くにスカイツリーが見えるのがわかりますでしょうか。

 

それではここから会場の準備です。

 

 

今回も、「和田式陽転思考」をお伝えくださっている
「陽転エデュケーター」のみなさまが、
会場の設営、受付、会場案内、書籍販売などの
お手伝いをしてくださいました。

 

今回、お手伝いくださったエデュケーターのみなさまは、遠方よりご参加のみなさまばかり。
(新潟、名古屋、三重、滋賀、大阪)

 

遠いところ早い時間からお集まりくださいまして
ほんとうにありがとうございます。

 

そんな早くから会場に集まってくださり
準備をしてくださったエデュケーターさんたち、
そして和田やスタッフたちに・・・

 

なんと!
神田明神さんから、
おにぎりとお味噌汁の差し入れが!!!

 

こんなところまで神田明神さんにお気遣いいただき、感激です!
(お味噌汁は1階にある
EDOCCO CAFE MASU MASUさんが
作ってくださったもの。
とてもおいしかったです! )

 

準備を終えたエデュケーターさんたちが
テーブルを囲んで
差し入れをいただきながら談笑中。

遠方からのご参加、ありがたいです!

 

そしていよいよ開場の時間。

 

エデュケーターさんたちが手際よく
検温、受付、会場案内をしてくださり、
参加者のみなさまは会場へ。

 

会場内は和田の「ジャズを流したい」という要望に応え、

ラジオ『WADA CAFE』のディレクター杉山さんが音楽を担当し、
ジャズを流してくださいました。

 

(杉山さんには、前回の神田明神さんでのイベントに引き続き、今回も音楽のほかに、会場運営の
本当に細かいことまでお手伝いいただきました。
このようなイベントの時だけではなく、
普段から和田を支える縁の下の力持ちなのです)

 

開始まで、参加者さまには
神田明神さんの映像と
ジャズの音楽をお楽しみいただきましたが
いかがでしたでしょうか。

 

そして・・・
さあ、いよいよみなさまおまちかね、
和田の登場です!

 

神田明神さんの
随神門を連想させるような
オレンジのスカートが好評でした♪

 

 

神社の話をするのが久しぶり、という和田。

和田が得意とする
「コミュニケーション」
「陽転思考」
「セールストーク」
「人の心を動かす話し方」
などを話すときとは違い、
神社の話をするのは緊張するようです。

 

和田の次は権禰宜の櫻井洋平さまから、

神社について、そして、
神田明神の歴史についてのお話。

 

神社って人生の節目やお正月に
行っているので
子どものころから身近な存在である気が
しているのですが・・・

案外知らないことが多かったり、
深く考えたことがありません。

 

改めて神社、神道、神様について
教えていただき、
神様がほんとうに人の生活に寄り添ってくださっているんだなぁ、
と感じることができました。

 

これから神様を意識していくことで
いつでも心を正して毎日過ごしていけそうです。

 

パワーポイントを使っての、
とてもわかりやすい説明でした。

 

と、ここで一旦休憩タイム。
 

みなさまには屋上庭園にでて景色を満喫していただいたり、
1階の売店でお買い物を楽しんでいただいたりしました。

 

あら?この長い列は?

 

そして、この休憩時間中に、
和田にサインをお求めのお客さまも。

 

会場でお買い上げくださった本や
手帳にサインを書いてもらおうと
長い列をつくってくださり、
ありがたいです~

 

・・・そして休憩時間はあっという間に終わり。

 

続いては、
神田明神の宮司でいらっしゃる、
清水祥彦さまと和田の対談へ。

 

清水宮司が神職を目指した経緯から、
神職の役職はどうなっているのか?
神職になるにはどういう修行をするのか?
神田明神の「明神」とは?

 

など、和田が清水宮司に
神社についての疑問をいろいろと質問。

(神社の世界って、
身近であるにもかかわらず、
わからないことが多いですよね・・・)

 

そんな質問に、
清水宮司は穏やかに微笑みながら
丁寧に真摯にひとつひとつお答えくださいました。

 

まっすぐに相手の目を見て穏やかにうなずかれる
清水宮司のファンになった方も多いのではないでしょうか。

 

そして、次は、権禰宜の鳥居繁さまに
手水の方法、玉串奉奠の方法などを丁寧に教えていただきました。

 

やり方がわからず、
親や知り合いに何となく教えてもらった・・・
という方も多いと思いますが、
こうやって神職の方に教えていただけると
とても自信になりますね。

 

この後実際に、参加者全員が
玉串奉奠をされるとのことで、
みなさま真剣に手を動かしながら
説明を聞いていらっしゃいました。

 

実際に柄杓や玉串をお持ちになって
実演してくださいましたので、
とてもわかりやすかったです。 

 

 

さあ、玉串奉奠のやり方も教えていただいたところで、
いよいよ、特別昇殿参拝へ。

 

文化交流館を出たところから、

雅楽の演奏、巫女さんに先導され、
列をなして神殿へ。

 

境内に響き渡る雅楽の音色に、
他の参拝客のみなさまから
「なんだなんだ?」とすっかり注目を浴びておりました。

 

(私たちはいったい何の団体だと思われたのでしょうか・・・笑)

 

雨の心配もなく、
みなさまとそろって境内から神殿へ
向かえたこと、ありがたいです~

 

 

 

神殿では、
祓詞、祝詞の奏上が行われました。

みなさま一人一人のお名前が読み上げられ、
お名前が入ったお札もお祓いをしていただきました。

 

そして巫女舞のあとに、
なんと雅楽の楽器についての説明までしてくださいましたよ!

 

中学校で雅楽の楽器について学んだ記憶が
あるのですが、
「しちりき」と「笙」という記憶しかなかった私。
「しちりき」やなく、「篳篥(ひちりき)」なんですね。汗

 

「龍笛」「篳篥」「鳳笙(ほうしょう)」、
それぞれの楽器の説明とそれぞれの音色を
聞かせていただきました。

 

そんな特別すぎる参拝を終え、
最後は先ほどの文化交流館EDOCCOの1階にある
「EDOCCO CAFFE MASU MASU」へ。

 

 

 

清水宮司からお話をいただいた後、
みなさまで
「弥栄(いやさか)!」
の掛け声と共に乾杯し、
直会(なおらい)のスタート!

(直会とはお茶会のことです~)

 

神職の方々とお話したり交流したり
する機会はなかなかないですよね。

 

なんとちょっとしたお料理まで!
(フグの皮のにこごり、那須の田楽、
焼きたらこ、いかのぬた、高野豆腐)
料理長にご説明いただきました!

 

みなさま、
美味しいお酒やお料理を楽しみながら、
神職の方とのお話や、
参加者方同士での交流を楽しんでいらっしゃいました!

 

神社を堪能した一日、
いかがだったでしょうか。

 

私にとっては、
神様が、神社が、
ググっと身近な存在になり、
いつでも寄り添ってくださっているのだ、
と「見えない存在」に感謝する一日となりました。

 

 

・・・直会を終えて外を出たらもう外は真っ暗。

 

会場の準備、片付けまでお手伝いくださった神職のみなさまが、
見えなくなるまでお見送りしてくださいました。

 
神社ではもうとてもえらい方々であるにもかかわらず、
率先して体を使ってお手伝いしてくださった、
清水宮司、櫻井権禰宜、鳥居権禰宜。

  

神様に仕える方々も本当に素敵な方々ばかりでした。

 

ご参加のみなさま、
そして神田明神のみなさま、

 

素敵な機会を本当にありがとうございました!

 

えびすさまが優しく微笑まれています

 

 

~~~~~~~~~
【お問合せ】
株式会社HIROWA
03-6459-4128
support@wadahiromi.com