文章力が上がる。営業力アップに使える。販促に使える。 「1枚の記事が書ける」文章講座

ブックライター上阪徹さん
初出!の講座です

11月1日(日)
11月15日(日)

各回14時00分~17時00分

※日程が合わない場合は、後日動画で学べます。
(期間限定公開)

 

<次のような方におすすめです!>

☑商品・サービスを
 もっとうまく紹介したい
☑営業や販促で即使える
 文章術を身につけたい
☑文章を書いても
 なんか中身が面白くない
☑SNSなどの文章を

 もっとうまく書きたい!
☑ライターとして活動したい!

 

あのブックライター
上阪徹さんが初出!
今までにない文章講座
できました。

誰もが自由に情報発信が
できるようになりました。

でも、
あなたの書いた文章を読んで
いったいどれだけの人が
それを信用して、
商品・サービスの良さを感じ、
それを利用してみよう!
と思うでしょうか?

説得力がある文章、
面白い文章、
読んでみて他の人にも言いたくなる文章には
コツがあるのです。

そのコツを身につけて
文章を書いたら・・・・・
どうなると思いますか?

 

たとえば・・・・


ライターになると
1本の記事で3万円から10万円
になります。

会社員の方でも
社内で確実に
重宝されるスキルです。

 

  

1日に流れる記事は
Yahooだけでも、5000本。

記事が書ける人は
食べていける市場があります。

 

何よりそのスキルを
社内のスタッフに
習得して欲しくて
和田裕美が直々にお願いして
誕生した
今までにない
まったく新しい講座です。

【内容】

<1日目>

1.なぜ今、「記事」なのか?
なぜ広告ではなく、PR記事が支持されるのか?
情報発信に、客観性を持たせる意識を
記事の持っている機能・効能
記事にする力を獲得すると?

2.こんな記事の使い方
記事の作り方5パターンを公開!

3.記事を書くために必要なこと
「目的」と「ゴール」を意識する
誰に伝えたいのか、
読み手にとっての「面白い」とは?

ワーク
「和田裕美の書籍から
 PR記事を作ってみよう!」

4.文章は「素材」でできていると知る
文章に対する呪縛を解く
記者がメモ帳を手にしている理由
構成は、〇〇〇で目の前に読み手がいるつもりで

→課題で記事を書いてくる

<2日目>

5.こう書けば良かった。課題の種明かし
目的とゴール、読み手の設定
素材を洗い出す
大きな構成を考えてみる
素材を肉付けする

6.「書く」意識を変える
書き手の大いなる勘違い
文章は単なるツール
文章の怖さを知っておく
うまく見せようという魂胆はバレる

7.「文章」のやってはいけない
いきなり〇〇始めるのはご法度
面倒でも「素材」を書き出す
文章量は「素材」の量。足りないのは「〇〇」

8.SNS、SLACK、ブログ……
  必要な「相場観」
世の中の相場状況を認識する
読み手の「相場観」を意識する
「お前が言うか!」に注意
「寝かせる」重要性

9.ワンランク上の文章にする方法
小学生の文章はなぜ幼稚なのか
「感想」ではなく「〇〇」を書く
注意すべきは「〇〇〇〇」
意識したい「10」のポイント
意識するのは読む人の「ベネフィット」

10.文章を上達させるための
   とっておきトレーニング

読むトレーニング
ダメな文章に敏感になる
「面白い」に敏感になる。なんでもメモ
 

 

 

※あまりに多いのでここには書いていませんが
 他にもあと10個以上の項目があります!

 

 

【詳細】

●日時
11月1日(日)・15日(日)
各回 14時00分~17時00分
※開始5分前までには必ず

ZOOMにご入室ください
 
●方法
ZOOM
※ネット環境が良いところから
ご受講ください。
※リアルタイムで参加できない方には
後日、期間限定で

動画を配信いたします。
 
●参加申し込み
 下記のお申込みフォームから
 必要事項をご入力ください
 
●参加費用
 通常60,000円

早割49,800円
(10月19日まで)
 
●注意事項
・お申込み後の無断欠席は
 ご遠慮ください。
・お申込み後に自動返信メールが届きます。
 必ずご確認ください。
 (届かない場合はご連絡ください)

 
▼下記のキャンセルポリシーも必ずご覧ください▼
https://wadahiromi.com/notice

 

 

【お申込み】

▼10/19(月)までの早割▼

通常価格:60,000円

早割価格:49,800円

https://cart9.shopserve.jp/wadahiromi.ik/cart.php?ITM=KIJI_H&CNT=1

   

▼20日以降は通常価格となります▼

通常価格60,000円

 

【よくある質問】

Q.
私は仕事の都合で、
その日に受講することは難しいです。
後日動画などの配信で受講はできますか?

A.
期間限定で動画を公開しますので
後日の受講も可能です!

 

Q.
受講したいのですが
クレジットカードでの分割支払いは
可能でしょうか?

A.
ご受講のご検討
ありがとうございます!
ご購入画面で
分割払いの回数が選べます。
(最大24回まで)
ご都合のよろしい回数でお申込みください。
※ご利用のカード会社によって
 回数が異なる可能性もございます。
 詳細はカード会社へご確認くださいませ。

上阪徹さんのプロフィール

 

1966年、兵庫県生まれ。89年、早稲田大学商学部卒。
アパレルメーカーのワールド、
リクルート・グループなどを経て、
94年よりフリーランスに。
幅広く執筆やインタビューを手がけ、
これまでに取材した著名人は3000人を超える。
ブックライターとして、これまで100冊以上の書籍を執筆。
携わった書籍の累計売上は200万部を超える。

『メモ活』(学研プラス)、『成城石井 世界の果てまで
買い付けに。』(自由国民社)、『職業、挑戦者〜澤田貴司が
初めて語る「ファミマ改革」』(東洋経済新報社)、
『サイバーエージェント 突き抜けたリーダーが育つ仕組み』
(JMAM)、『幸せになる技術』(きずな出版)、
『マイクロソフト 再始動する最強企業』(ダイヤモンド社)、
『JALの心づかい』(河出書房新社)、『社長の「まわり」の
仕事術』(インプレス)、『明治大学はなぜ女子高生に
人気NO.1の大学になったのか?』(東洋経済新報社)、
『10倍速く書ける 超スピード文章術』(ダイヤモンド社)、
『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』(あさ出版)、
『職業、ブックライター。』(講談社)、『成功者3000人の
言葉』(飛鳥新社)、『書いて生きていく プロ文章論』
(ミシマ社)など著書は40冊を超える。

ブックライター担当作に『坂の上の坂』(藤原和博さん著/16万部)、
『ついていきたいと言われるリーダーになる51の考え方』
(岩田松雄さん著/37万部)など。
インタビュー集に40万部を超えた『プロ論。』(徳間書店)
シリーズ、『外資系トップの仕事力』(ダイヤモンド社)
シリーズ、『我らクレイジー★エンジニア』(講談社)など。

2011年より宣伝会議「編集・ライター養成講座」講師。
2013年、「上阪徹のブックライター」塾開講。
雑誌、ウェブでは、AERA「現代の肖像」などで執筆。

《お問い合わせ先》

株式会社HIROWA サポート
03-6459-4128
support@wadahiromi.com

みなさんのご参加、お待ちしております!!