スタッフおすすめ書籍♪

0

こんばんは☆

スタッフの上坂です。

 

今日は自分のはなしなのですが・・・

私、3人兄弟の末っ子なのですが

いつも上のふたりと比べられたおかげで

とっても負けず嫌いに育ちました。

 

勉強や運動やならいごとで、

年の近い姉にはことさらライバル心を燃やしていました。笑

 

大人になって、姉とはすっかり仲良しになり

いまではなんでも相談できる友達のような存在です。

 

ところが、負けず嫌いが抜けきらないわたしは

まわりと自分をくらべては

勝手にへコんだり自信をなくしたりしていました。

つい最近までは。

 

そんな私も、和田の

「私は私」で人間関係はうまくいく

を読みました!

 

そこにはグサッとくる言葉がたくさん・・・

読了後、ものすごく気持ちが楽になって

自分を前よりも素直にみとめられるようになりました。

 

スタッフだから手前味噌で・・・って思われるでしょう。笑

でも本当なのです。気づいたら前のめりで読み進めていました。

 

「自分はそんな風におもったことないから大丈夫。」

というかたも、

日本人ってとくに”遠慮・謙遜の美徳”があるために

本人さえ気づかないうちに、もやもやが生まれてたりするんですよね。

だからぜひ、みなさんに読んでいただきたいです。

今の自分にぴったりの言葉がきっとどこかに見つかるはずです。

 

まるで和田がおしゃべりしているかの

文体で描かれる本書は、

「あっという間に読めました!」

と大好評で、

 

いつのまにか

(それもあっという間に)

レビューやブログなどで多くの反響をいただき、

嬉しい限りでございます。

(まだまだレビューのご報告お待ちしています!

投稿された方はsupport@wadahiromi.comまでご一報を!

和田のお薦め小説プレゼント☆)

 

みなさん素敵な感想に加えて

本に書かれている

“心に刺さった言葉”を引用くださっているのですが

これがへぇと驚くほど、人によって違うわけです。

 

それって、

読みどころがたくさんある!

ということなので

(読者のみなさんそうですよね?)、

やっぱりこの本はすごいと思うのです。

 

本のテーマは、

つい自分より周りのことばかり考えてしまう

「いい人」がどうやったら幸せになれるのか。

 

そこで語られる「いい人の定義」が

とても興味深いのでご紹介しますね。

 

~~以下「P43引用」~~

相手にとって都合のいい人間になるんじゃなくて、

相手の役に立つ人間が”いい人”なんだとすればいい。

~~~~~~~~~~~

 

これは、誰かにパシリにされると

やらされ感があって切ない気持ちになるけれど

どうせ「断れない性分」なら

積極的な”いい人”を

やってみればいいという考え方です。

 

「あ、○○ちゃんお茶買ってきてくんない?」

「も~私だって暇じゃないんですからね~。

仕方ないなぁ、じゃあコーヒー一杯おごりね!」

 

少しだけ厚かましくなってもいいので

前向きに受けとって「自分の都合」で動く。

それでいいのだ!

 

『「私は私」で人間関係はうまくいく』

ご注文はコチラから↓↓↓↓

http://wadahiromi.com/books/2014092601

 

ご感想、おまちしています!

和田も全部読ませて頂いてますよ~!

(プレゼントの発送にお時間をいただいております。

もうしばらくおまちくださいませ☆)