スタッフのぼやき。

こんにちは!スタッフの上坂です。

 

昨晩は、八重洲ブックセンターで新刊の記念講演会があり、平日にもかかわらずたくさんのかたが集まってくださいました。

20150528八重洲ブックセンター出版記念講演会

申込もあっというまに満員に達しました。

中にはわざわざ鹿児島からいらっしゃったかたもいて、さすが、和田のクロージング術を学び身につけられているかたは行動力や決断力がちがうなぁ~と、感激していたのでした。

 

今後も、出版記念講演をいろんなところで開催するかも・・・です。

随時無料メルマガ「ワダビジョン」でお知らせ致しますので、とにかく、逃さずチェックしてください!

↓ ↓ ↓

無料メルマガ「週刊ワダビジョン」

 

さて、今日のブログですが

私、最近あることをされるたびにものすごくモヤモヤしてしまうので、この場をかりてぼやきたいと思います。

そしてぜひみなさんのご意見もいただきたいです。笑

 

事務所にもよくかかってくる営業電話。

人材派遣や、オフィス環境設備系の会社さんが多いです。

みなさんも経験あるのではないでしょうか。

 

いそがしい時に電話が鳴り、大事な用かもしれないのでとっさに取るとそういった営業さんからのお電話。

みなさんとても明るい声で挨拶をしてくださり、「今日はぜひご提案だけでも・・・」とか「近いうちにぜひご挨拶を・・・」と言ってくれます。

きっとそこは徹底して教育されているのでしょう。

 

電話営業なんて成約率高いものではないと思いますし、たいへんそうだな~と思います。それこそいちいちヘコんでられない。

若手社員のかたはきっと毎日「とにかく、かけてかけまくれ!」と檄を飛ばされているのも想像がつくので、あまり足蹴にしないよう丁寧にお断りしています。

 

が、ここで私のモヤモヤポイントがあらわれます。

断ったあとの反応に2つのパターンがあるのです。

 

最初のトーンのまま感じよく

「あ~そうですか。それは失礼致しました。お忙しいところ申し訳ございません!ではまた何かありましたらいつでもご連絡くださいね!」

という人と、

「あ、そうですか、ありがとうございます失礼します(-_-)」

と、急に冷めて声がトーンダウンする人。

 

あからさまに不機嫌になる人はほとんどいませんが(いやでも稀にいます)、本人はまったく気付いていないレベルでも電話だと声がすべてなので微妙な変化にも気付きますよね。

それを自覚していない営業さんがあまりにも多いと思います!

(ばくはつ)

 

いそがしいときにこっちが求めていない電話をされるだけでも、イラッとすることだってあるかもしれないです。

本当に大事な電話を待っていたタイミングかもしれないです。

 

そんななか、ひとしきり説明を聞いて時間を割いているのに、断った瞬間『ここは用無し』の態度。

 

陽転思考で気にせず流そうと最初はおもっていましたが、あまりにも同様のことがおおいので、これはきっとその業界や会社の教育自体に問題があり、和田裕美のもとで働くわたしには問題提議する責務があるのではないかと、勝手に思い立ちました!!(笑)

 

「ぜひ話聞きたいです」と言えば、その人は最後まですばらしい対応をしてくれる営業さんなのでしょうか?

電話営業ってそんなものなのかな・・・とも思いましたが、和田の言葉を思い出して

「いやいやちがう、やっぱりこんな人はいい営業マンではないはず!」

と思いなおしました。

 

その言葉というのが、『営業のゴールとお客さんのスタート』です。

 

売ることをゴールとしてしまう営業は、成約を取れた時点で「目標達成」してしまいます。

しかし、本当に好かれて売れる営業というのは『購入したお客さんに、どんなすばらしい未来が待っているか』を大切に考え、背中をおすものだと和田はいつも言っていますね。

 

だからやっぱり、断られた瞬間に態度が一変する営業マンって、もし契約をむすんだとしても最後までフォローしてくれるか信用できないですよね。

だってもう、彼・彼女のゴールを達成してしまっているんですから。

 

そのときは断っても、感じの良い営業さんなら本当に必要になったとき頼りたくなるかもしれません。

 

そうでなければ記憶には残っても「あそこには頼みたくないな」と思ってしまいますよね。

 

次にそういうことがあったら、ぜひその営業さんに教えてあげたい。

 

和田の本を読め、と。笑

 

 

さて、みなさんはどう思いますか?

ご意見、いただけるとうれしいです!

 

以上、スタッフのぼやき、最後までおよみいただきありがとうございました。m(__)m

 

大ヒット御礼!和田の最新刊には、すべての営業マンの心につきささるアドバイスがたっくさんあります!

お客さんが心の底からYESになる 成約率98%の秘訣

ぜひ読んでみてください!ほんとうに変わります。売れます。

100

「スタッフのぼやき。」へ 8件のコメント

  1. わたる さんより 2015年5月29日 1:04 PM

    こんにちは!
    ブログ読みました。率直な感想は和田さんの本をまず読んで下さい。
    と、思いましたね笑
    しかし、電話をかけた営業さんで和田さんの事務所をわかった人は電話ごしでどんな気持ちだったのか⁈
    とても気になりますね。
    いつも楽しい情報をありがとうございます。

    返信

    • スタッフ
      スタッフ より 2015年5月29日 1:17 PM

      わたる さま

      さっそくのコメントありがとうございます!
      そうですよね!でも、ほとんどのかたが和田裕美のことや事業をあまり理解していないようで、そもそも、深くリサーチせずに「数打ちゃあたる」手法の営業なのだとおもいます。

      が、せっかくもらったチャンス、私も次回から「本読んでみてください」と営業してみます。笑
      こちらこそ、いつもお読みいただきありがとうございます!

      返信

  2. さき さんより 2015年5月29日 3:25 PM

    切りぎわ、去りぎわって大切ですよね。確かに、断ったあとの、印象が悪い人っていますね。私は、その時、その人を、反面教師として、私は、気をつけようと、思えました。人間関係、何でもそうですが、最後、別れぎわの、印象って、大事ですよね。なんか、私と同じようなこと、思ってる人いたぁーって、嬉しくなって、書きこんじゃいました。

    返信

    • スタッフ
      スタッフ より 2015年5月29日 5:40 PM

      さき さま

      コメントありがとうございます!
      まさに、去り際だいじですよね。飛ぶ鳥後を濁さずといいますが、後を濁していく鳥は「もう二度とこないで~!」ってなります(笑)

      わたしも、反面教師にして「学べてよかった♪」に陽転したいとおもいます!
      明るく誠実な対応をしてもらって嬉しくない人はいないはずですもんね。

      返信

  3. 中川 さんより 2015年5月30日 1:17 AM

    前向きなイメージの事務所なのに、スタッフがぼやくってどういうこと?
    と思いましたが、さすが上坂さん。
    私はただの迷惑電話くらいにしか思ってませんでしたが、テレアポの仕方にまで想いを廻らせていらっしゃる。
    相手の立場に立って物事を考えなさいとよく言われる言葉ですが、意外と難しいことだなあと感じる今日この頃でございます。
    最近 暑くなってきましたね。ご無理をして体調崩さないよう、ご自愛ください。

    返信

    • スタッフ
      スタッフ より 2015年6月2日 4:15 PM

      中川さま

      コメント、ありがとうございます!「ぼやき」読んでくださってありがとうございました。
      最初は私もスルーしていたのですが、あまりにも頻発するので「もしかしたら、みんな気付かずにやってしまっているのではないか」とおもったので敢えて考えてみることにしました。反響をいただけてよかったです!
      とはいえ私もまだまだ、100点満点の対応ではないと自覚していますので、ここから学ぼうと思います!お気遣いありがとうございます。中川さまも、ご自愛くださいませ!
      そして、またぜひブログやFacebookで反応くださいますとうれしいです♪

      返信

  4. oka さんより 2015年5月30日 6:45 AM

    上坂さま

    始めまして。和田先生の本をバイブルに営業をしています。
    自分も営業の仕事をしているので、そんな営業に当たると 日々自分を振り返る材料にしていますが、やはり腹は立ちますよね。
    私が一番唖然とした電話は、
    とーっても可愛らしい丁寧な声の女性からの営業の電話にお断りを述べた後、
    何も言わずに ガチャン!と切られました。
    まだ、トーンダウンの方が許されるかなと…。
    しかも、それは電話会社の営業の電話だったのですよ。
    携帯世代は、基本的な電話のマナーも知らないのですね。悲しくなりました。

    オレオレ詐欺もある時代ですから、昔と違って家電の受け答えも 「○○です。」と名乗らずに出るようになってしまっていますが、
    気持ちよく会話することは出来るはずですよね。
    あの電話会社に ぜひ和田先生の講演をおすすめしたいです!笑笑

    返信

    • スタッフ
      スタッフ より 2015年6月2日 4:28 PM

      oka さま

      コメントありがとうございます!
      和田の本をバイブルにしてくださっているのですね!
      唖然エピソード、たしかにびっくりです(笑)そんなはっきり態度に出しちゃうなんて・・・逆に勇気有りますね。す、すごい。
      電話のむこうでいらいらすることがあったのかも知れませんが、お客さまにはまったく無関係なことですもんね。ネガをひっぱってはいけません。
      本当の意味で「営業の心構え」まで徹底して社員教育に注力する会社は多くないかもしれませんね。個人の気持ち次第でもありますし。
      ですが、ぜひ私もそこに和田の講演をすすめたいです!!・・・社名こっそり教えて下さいますか?(冗談です笑)

      返信

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

人気記事