うえさかセレクション Vol.1

INFORMATION

カテゴリー:staffブログ
HOME > 和田裕美のももブロ > staffブログ > うえさかセレクション Vol.1

こんばんは。スタッフのうえさかです!

 

最近、事務所スタッフでブログをまわすことが決まり、

ネタ探しに困っていました。

 

わたくし、火・木担当です。

どたばたして今回みたいに

1日遅れちゃうこともありますが、

(おいおいしょっぱな・・・orz)

出来る限りきちんとUPすることを当面の目標にします!

 

とはいえ

ほとんどずーっと事務所に貼り付いている私が

おもろいネタで溢れかえることはなさそうなので

木曜日は趣味のはなしをしようと思います!

おつきあいください♪

 

私の唯一といえる趣味は

「映画鑑賞」です。

 

第1回目は、寒い季節に

ほっこりする

ハートウォーミングな家族のものがたりです。

 

リトル・ミス・サンシャイン

原題 LITTLE MISS SUNSHINE
2006年 アメリカ
監督 ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス

20141127055232

 

小太りで眼鏡っこのオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)を美少女コンテストで優勝させるべく、ちょっとかわった家族が黄色いワゴンで決勝大会をめざして走る、ロードムービー。
個性的なだけにいろいろとぶつかりながらも、コンテストに息巻くキュートな妹を中心に家族の「しこり」がほどけてゆき・・・という笑いあり涙ありのものがたりです。

 

本作、2007年度のアカデミー賞受賞しています。
(助演男優賞、脚本賞)

たぶん、みなさんが想像している

いわゆる「家族ものがたり」とはちょっと違う気がします。

序盤から各キャラが爆発しているので

観た人それぞれ、「何やコイツ!」とおもう人物がいるかも(笑)

このじいちゃんぶっ飛んでる・・・。とか、

このお父さんうざい~!とか(笑)

でも観ているうちに、それぞれのやさしさがみえてきて

不器用なんだな~と愛しくなってきます。

家族なのに、ぜんぜんちがうからこそ、

互いに影響し合って成長していく。

親も子供も関係ありません。

たぶん、この家族うちと同じだわ~っていうかたはほとんどないと思いますが

ラストには「家族っていいな。家族さえいてくれたらなんて心強いんだ。」と思わせてくれる作品でした。

 

なんか。

初めて映画のことを人前で書いたので

これでみなさんに魅力がつたわるのか超不安です。

うん、たぶん6割も伝えられてない。

営業力ないなぁ・・・。(笑)

 

が、これから精進しますので

また来週ご紹介する作品をさがしてきまーす!

 

ヒット作よりは、「そういえばこの映画、どうだったの?」

てなかんじの作品を中心に

完全主観でご紹介したいとおもいます。

 

ではまた来週~(^^)ノシ