言葉を覚える犬の育て方について

どうも わだです。

先日、ももと伊豆旅行に行ってきました。
車を持ってないし
運転できない私。(免許はある)
運転手を見つけない限りは
すべて旅行は電車になります。

なので、新幹線に乗っていきました
もも、うんともワンとも言わないので
乗り物は問題ないです

IMG_1173

以下は、伊豆高原「ワンモアリゾート」での風景。

犬好きのオーナーと再会し、
IMG_1210

温水プールで食事前に運動する。
IMG_1184

ダイニングルームで、オーナーのワンコと遊ぶ。
IMG_1235

ボストンテリアのアサヒ君
太ってフレンチブルドッグになっている。
IMG_1245

ちょっと好かれた。
IMG_1253IMG_1254IMG_1255IMG_1249

近くにある、しゃぼてん公園で
わんこのショーも見たよ。
IMG_1295

以上、もも旅行でした。

ところで、犬の話続きます。

私には動物好きの姉がいるのですが
私が留守のとき、ももを預けていると
こんなLINEがきたことがありました。

・・・・・・・・・・・・・・(以下LINEのやりとり)

「何時に帰ってくる?
 ももに言わないといけないから教えて」

「へっ、ももに言うの?わかるの?」

「うん、わかるよ。
 ゆっくり目をみて話すと聞いてるもん
 それで、だいたいわかる」

「まじ?」

「うん、『お留守番できる?
少しねんねしてたら
裕美帰ってくるから。ももが寝て起きて、
ちょっとだけ待ってるくらいやで。』
といいました。
な、だいたいわかったみたいやで」

・・・・・・(ここまで)・・・・・・・・・・

 姉、疑いなく
100%の確信を持って
 「犬は話かければどんどん言葉を覚える」といいます。
 だから、ものすご犬とか猫に話しかけるんです。

 そして、ほんとうに
 言葉が分かる子をたちを育てているのです。
 すごいことです。調教師なみです。

 確かに、
 言葉をたくさん、たくさん
 かけてもらって
 育った人、犬、猫、鳥
 ぜったいに
 言葉をかけてもらっていない子たちよりも
 ずっと言葉を覚えていますよね。それは事実、
 これって脳が成長しているってことですよね

 私たちだって
 本をたくさん読んだり、
 人とたくさん会ったりしたら
 成長するんですもんね。

 姉とそんなやりとりをしてから
 わたしね
 ももに毎日のように
 言っている言葉があるんです、

「もも、楽しいね
 もも、幸せだね」

 なんか、そういうと
 振り返って私を見上げて
 笑うんですよ。

 ちゃんと、笑って
 「そうだね」って言うんですよ。

 わかってないのかもしれないけど
 私は、わかっているんだって
 信じています。

 幸せが近くにあるなあって
 感じる瞬間です。

 ではね

  

223

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

人気記事