ももいろにも書いたけれど、語りかけるって大事だよ

INFORMATION

カテゴリー:もも専務の出勤日記
HOME > 和田裕美のももブロ > もも専務の出勤日記 > ももいろにも書いたけれど、語りかけるって大事だよ

IMG_5146

台湾に行っているあいだ
ももは茨城の土浦にいる
姉に預かってもらっていました。

ももは、子供の頃にも
いちど、姉に預かってもらっているのですが

そのとき
姉のところで飼っている
「カイ」というシベリアンハスキーが
すごく機嫌悪くなり
仲良くできなかったので

(ももはあまりにも
 厚かましく、大騒ぎしたせいです)

今回も私たちは

「ほんとうに、ももを預かってもらっても
 大丈夫だろうか?」という心配をして

「いったいどうしたら
 仲良くしてくれるだろう」と

事前に相談しておりました。

で、結局

「言い聞かすしかない」という結論になり

姉は、ももを預かる
一週間も前から
その、シベリアンハスキー12歳(おじい)に

「ももが来るからね
 カイは仲良くしてね」と

散歩のときも
ご飯のときも
居間で寝ているときも
呪文のように
語りかけ続けたそうです。

預かってもらう当日
姉に

「なあ、
 言い聞かすだけで、大丈夫なん?」と聞くと

「たぶん、わかってくれたと思う」と自信まんまん。

で、

1290691972726

この距離感・・・・・
この、殺伐とした感じ。

結果、姉は
仲良くできない2匹のために
散歩を1日に
4回(もも、カイ、別々)
行くことになったらしい。

そこで私が

「やっぱり
言い聞かせるという手法は
効果なかったんやな」と言うと

「いや、カイは
 わかっていたんやで
 でも、わかっていることと
 納得できることって違うやろ
 あんたも
 『これはこうです』とか言われても
 『なんで?』って思うこともあるやろ」

「まあ・・・
 そんな人間みたいやな(笑)・・・」

「あんな、
 言い聞かせておいたから
 あの程度の距離感で
 大きなケンカにもならへんかったと
 おねえちゃんは思う。
 犬にはわからへんと思って
 なんの説明のないまま
 旅行に行ったり
 他の犬連れてきたり
 病院連れていったりしたらあかんねん。
 ちゃんと説明しなあかんねんで。
 犬はな、言葉が話せないだけで
 内容は、
 わかっているんやで」

( ´´ิ∀´ิ` ) じ〜ん。

「わかった、もっと
 話しかけてみる」と、私。

そういえば
姉のもとにいた5日間で
たくさん、会話をしたであろう
ももは
なんか、成長したように見えます。

話しかけるって大事なんですよね

ももいろ」本にも
「物に語りかける」って書いてるんです。
そうしたら、物が生きるって。

人にも
犬にも
植物にも
物にも
いろんな
そこにあるものに
話しかけると
存在がくっきりする。

言葉を交わさないでも
わかり合えるとか
どうせ言っても無駄とか
そんなこと考えないで
もっと、語りかけないといけない。
相手が薄くなってしまう前に。

(変な人と
 思われても
 気にしない覚悟必要だけど)