やっぱ、わたし多重人格だったわ。

INFORMATION

HOME > 和田裕美のももブロ > 今日のできごと > やっぱ、わたし多重人格だったわ。

どうも、わだです。

■ いや、まだまだ
自分ことってわかってないなあと
つくづく思った驚き出来事がありました。

土曜日、陽転ツアー@東京会場
開催したのですがそこに参加されていた
わたしが社外取締役を務める
イマジンプラスさんの社員さんが
12名でいらしてくださったんです。

■ で、そのなかで
社員教育インストラクターを担当されている
Sさんが、
社長の笹川さんに提出した
報告が、驚きだったのです!

まじ、びっくりしまっせ・
( ´´ิ∀´ิ` )

こういう見解ははじめて。
わたしも知らないわたしのことです。
(こわい)

社長に
許可をもらったので
以下に掲載しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご報告と感想をお送りいたします。

和田さん(社外取締役)のトークテクニックが物凄く勉強になりました。
和田さんがお話する際に、
抑揚と声のトーンを分ける事で、
テーマが実体験のように、
教訓のように引き込まれてゆくのは見ていてとても心が躍りました。

具体的には、

①話の導入、アプローチ時:(女の子のような)元気な高い声

②話の共有、共感を誘う時:(ご近所さんのような)軽い笑い声

③話の核心、重要な時:(親や親友からの忠告のような)重く沈んだ声

④話の補足、データや論理的な時:(先生や研究者のような)淡々とした冷静な声

と個人的に感じただけでも、これだけ使い分けてお話されておりました。
一人の人間から四方向で話が展開するのですから、興味を持てぬ方が難しいです。
また、これらがそれぞれ営業時に、
アプローチ、ヒアリング、セールストーク、クロージングと
使い分けていらっしゃるのだと思うと脱帽です。
到達しないまでも、自分も練習しスタッフへも使っていただきたい
販売トークテクニックだと思いました!

本日は講演会に連れて行ってくださり、
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

へ〜〜。

へ〜〜。

へ〜〜。

( ⓛ ω ⓛ *)びっくり。

わたし、まじで
こんな多重人格トークを
展開しているんですか?(笑)

ナチュラルに
人格が入れ替わったというのか・・・・。

こわいよ〜〜。わたし。

ほんとう
いや、ほんとうなら
わたしこの技で
世界NO2を取ったってことですよね

知らなかった。。。
でも、
なんか、すごいかもしんない。

まあ、
実際、話し方って
その段階において

欧州話法
ブーメラン話法
YES so THAT話法
断定話法

とかいろいろと
ひとつのプレゼンで
使い分けるというのもありますが

それとこれはちょっと違うような・・・・

ああ、もう一回
自分のビデオを見て研究します!
なんか、もっと
あぶり出してみます。

わたしのビデオ持っている人は
ちょっとそんな視点で一回見てください。

それにしても
Sさん、おそるべし!
すっかり裸にされた気分でございます。(笑)
ありがとうございます。

10月15日の
「ウレフェス2016」では
即興で生プレゼンをしますので
けっこう、声の種類が
研究できるかもしれません。

ではね〜

多重人格がついに
発覚した、和田より。

えへへ
_ITB1697