泣けて泣けて泣けて。

lgf01a201405032300

 
先週、スタッフ上坂が片付けをしていたら
なぜか、どこかに埋もれていた
箱が出てきました。

「和田さん、これ」とスタッフが差し出すものを
 開けると
 
 三島大社の
 分厚くて大きな絵馬。

「ああ、いつもお便りをくださるFさんという方だよ
 毎年、新年になると
 その大きな絵馬も送ってくださるの。
 たぶん、年配の方なんだけど、
 そうか・・・・
 そういえば、今年の絵馬もいただいてたんだ。
 悪いなあ、気付かなくて。
 1月にもらっていたのに
 お礼状が遅くなってしまった。」

 それで私は大急ぎで
 その日中に
 お礼状を書いて、
 お菓子と一緒に
 お送りしたんです。

 そして、今日。

 上坂が、お送りしたはずの
 包みを持って悲しそうな
 顔をしていいました。

「和田さん、あのFさん、
 お亡くなりになったそうなんです。
 ご家族も引っ越しされているようで
 ヤマト便の方が
 調べて、それで、もどってきたんです」

ええっ・・・・・。

 Fさんは、いつも
 何気ない日常とか、政治のこととか
 いろいろな話題付きでお葉書をくださる方でした。
 たぶん、いままでで200枚くらいになります。
 私も何度もお返事を書きました。

 Fさんは
 私の本はすべて
 読んでくださっていて
 新刊が出るたびに
 感想を書いてきてくださいました。

 それから、
 Fさんは、
 ときどき
 松下幸之助全集とか
 いろいろな小説とか
 とにかく
 学びの多いものを
 送ってくださいました。

 そして
 わくわく伝染ツアーにも
 何度か参加くださいました。

 でも、私はFさんとお会いしたことがありません。

 サイン会とかも参加されず
 こっそりきて、こっそり帰ってしまうのです。
 

 その後のわくわくで
 (数年前)必ず挨拶しようと思って
 Fさんのお席の場所を確認していたのに
 その席は空席のままでいらっしゃってませんでした。
 だから、そのときも
 お会いできませんでした。

 その頃、お体を悪くされたそうです。

 けれどそれ以降もずっと
 お葉書とか絵馬を送ってくださっていました。

 Fさんは
 自分がなにもので
 どんな仕事をしていて
 どんな生活をしているかなど
 いっさい書かない人でした。

 だから私はFさんの
 好きな本とか、好きな映画とか
 Fさんの感じた日常のことしか知らないのです。

 
 
 
 今年の1月にいただいた
 その最後のハガキには

「今年で和田さんとかかわって
 10年です。
 わくわく伝染ツアーも
 続けてくださいね
 ずっと応援します。」と書かれてありました。

 最後の
 お返事しないまま
 お礼ができないまま
 Fさんは逝ってしまわれました。

 どこにお礼をいっていいか
 わからないまま
 私は途方に暮れています。

 お返事が遅くなって
 どうか、お許しください。

 お会いしたこともないのに
 泣けて泣けて泣けて
 しかたありません。

 10年間も
 かげで、足長おじさんのように
 支えてくださって
 ありがとうございました

 ありがとうございました。

 このお返事が
 天国に届きますように。

 和田裕美
 
 

 
 

306

「泣けて泣けて泣けて。」へ 8件のコメント

  1. ウメボシ さんより 2014年8月21日 7:30 AM

    読みながら私も泣けてきました。人との繋がりを大切にしなくてはいけないなと改めて思いました。

    返信

    • 和田裕美
      和田裕美 より 2014年8月22日 11:57 PM

      はい、私もそう思いました。

      返信

  2. あき さんより 2014年8月21日 10:34 AM

    感動そして感謝   心にしみます

    返信

    • 和田裕美
      和田裕美 より 2014年8月22日 11:57 PM

      はい、大事なこと学びました。

      返信

  3. まみ☆ さんより 2014年8月22日 9:57 PM

     始めてコメントします。はじめまして☆今年の4月に出た新刊を読ませて頂きました。私は、今闘病中で・・・・なんとなく心も元気が出なかったので、本屋さんで、綺麗な表紙の素敵なタイトルの本を目にした時、ワクワクしました。すぐレジに向かいました。私も和田さんみたいに考えられるようになtろうと思いました。元気をありがとうございます☆時々読み返しています。心が折れそうな時読みます。素敵な本を書いて下さり、有難うございます☆
     Fさんも素敵な人ですネ。きっと天国で和田さんの事を応援して下さっていますヨ。郵便局ならば葉書とかならば、家族の移動先に送られるかも知れません。1年間なら、相手が移動先を郵便局に知らせておられるならば着くはずです。余り頼りない情報ですみません。
     私も頑張りますネ・・・・ありがとうございます☆
     

    返信

    • 和田裕美
      和田裕美 より 2014年8月22日 11:59 PM

      人生の休息時間だと思って焦らずにいてください。
      そして、郵便局!そうですね
      教えてくださってありがとうございます!
      読んでもらったのは「ももいろ」の本ですね。
      今度、機会があれば「新・陽転思考」を読んでみてください。
      たぶん一番いいかと思います。

      返信

  4. さおり さんより 2014年8月30日 7:15 PM

    初めまして。
    今、鬱の症状がひどくなり入院している身です。仕事のことが気になり、何もできない自分が不甲斐なくいなくなってしまいたい気持ちでいっぱいでした。
    その話を伝えた看護師さんから、新・陽転思考の本を薦められました。
    今日のことです。
    今読み終わりました。
    なんのやる気もなく、いなくなりたい気持ちでいっぱいだった頭が少し軽くなり、また本を一気に読めたことに自分でも驚いています。
    仕事ができなくなった。でも、変わりに休める時間ができて良かった。
    これが一番はじめにノートに書いたものです。毎日薦めて、前以上に前向きに仕事に取り組めるまで休みます。
    ありがとうございました。
    これからもコメントさせていただきます。

    返信

    • 和田裕美
      和田裕美 より 2014年8月30日 7:41 PM

      さおりさん、つながったね!
      だからもう、だいじょうぶです。あとは上がるだけです。
      本をよんで
      コメントに書くと言う行動ができるだけでもすばらしいことなんです。

      陽転思考をすすめてくださった看護師さんにも宜しくお伝えください、ありがとうございましたと。
      今の「休息期間」が必ず「あのときがあっからこそ今がある」と
      思える未来がやってきます、だから今はとにかく笑うことです。コメントありがとうございます!
      和田裕美

      返信

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

人気記事