ざんねんな私でもだいじょうぶです。

INFORMATION

HOME > 和田裕美のももブロ > 本 読んだものと書いたもの。 > ざんねんな私でもだいじょうぶです。

どうも わだです。

12月が気がついたら
ブログをあまりアップしてませんでした。

フェースブックにわりとアップしているときは
ブログをすっかり忘れてしまいます。
その反対もあります。
なかなか両立できません。
できてる人はすごいなあ。

それから、
人とのやりとりも
メールと人と
SMSの人と
ラインの人と
FBのメッセージの人と
電話の人と
スカイプの人がいます。

スマホを持ち歩いてないときは
確実にどれかを見過ごしています。
これもなかなか
両立できてないかもしれない。
できてる人、すごいなあ。

私は今の世の中に
ついていけてないみたいです。

あと、さらに言うと
私は

道にまよう
店を間違う
出口を間違う
道の知らないタクシー運転手によく出会う
急いでいるときに、道を聞かれる
電車の止まらないホームで
15分も気づかずに待っていたりしまう
などが原因で
ときどき遅刻しまいます。
それで
タクシーのおつりで
こんなのもらっても
まったく
気づけませんでした。

IMG_8339

もう、いやだ(笑)

最近、実家を掃除していた姉が
小学校2年生のときに、私が
書いたらくがきを発見しました!

IMG_9854

どうも、子供のときから
頭、おかしかったみたいですね。(笑)

おまけに
今もこんな絵を書いています
まったく成長していません。

ざんねんです・・。

さて、私と
同じように
ざんねんな方、きっといらっしゃいますよね

どうか勇気を出してください。

わたし、こんなんでも
なんとか大丈夫ですよ。
いや、きっと
怒らせたり
嫌われたりしてる可能性はあるけど
直接言われないし
影で言われてても
それにも気づかないので、まったく
傷つかないですよ。

そして、こんなところは
ざんねんだけど
こんな自分を恥ずかしいとは思ってないです。

いいんです、これで。
(人に迷惑をかけないように
これからはもっと早めに出ますけど)

だからいっしょに
がんばりましょう(笑)

ではね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追伸:

こんな私に
勇気を持たせてくれる本あります・

あの、雀鬼の桜井章一さんは
スマホもパソコンもしない
彼だって、現代にある
進化とはまったく離れている人だけど
そのかわり
まったくの動物的な感覚とセンスで
20年間、麻雀で負けたことないんですよね。

前にお会いして
その勝負のコツを聞いたら

「海に浮かんで、
ただ身体を、そこに委ねて
光、波、音、温度を
身体で感じるようにする。
そうすれば
自然がわかると見えないものが見え
聞こえないものが聞こえる」と
いうようなことを教えてもらいました。

これも難しそうですが
私はこっちのほうが
向いているような気がしています。

ということで
桜井さんの新作でました!

51wgAwblCiL._SX312_BO1,204,203,200_

看護師さんの態度の悪さに
「仕事向いてないんじゃいですか」とか、

「大悪人は殺人犯ではなく
善人面をして何をしているかわからない世界中の
政治家たちや、戦争の類いを起こしている独裁者や首魁たちだ。
強大な権力を持ち、民をいかようにも操れることのできる
こいつらに比べれば大抵の犯罪者は小悪人といっていい」

など、正直にすかっとする
雀鬼節があります。

お会いしたとき
顔むっちゃ怖くて、なんか存在感ありすぎて
ほんもののあれかと思いましたが
見かけとちがって
心底やさしい人です。

担当はポプラ社の碇さんです、
鉄拳とかの
サブカル本が得意な編集者です。

わだ