なぜ書いたことが叶うのか?

INFORMATION

HOME > 和田裕美のももブロ > 最近の注目! > なぜ書いたことが叶うのか?

どうも わだです。

ブログ更新頻度がいきなり「マメ」になっております(笑)

それに
メルマガも
いきなり
毎日配信しております。(昨日、今日、そしたたぶん明日も)
(ワダビジョン、登録まだの方はぜひ)

いきなり
心を入れ替えたかのような
行動でありますが
この2016年の秋は
わたしのなかでは
ちょっと「和田祭り」でありまして・・・
なにかとお知らせが多いのです。

その「和田祭り」の詳細については
後で説明するとして・・・・

まずは、16日にいよいよ発売になる
「和田裕美の営業手帳2017」のお知らせを。

今年は
オレンジとネイビーの2色展開。

IMG_1812
個人的にはオレンジが好きです。

これ、12年目のロングセラーとなりました。
生まれた子供が
中学生になるくらい続いてきたのかと思うと
なんかびっくりですね(笑)

さて、この手帳。

なぜか、「書いたことが叶う」という
都市伝説ような話が沸き上がっています。

最初は、数名から
ちらほらとそんな
報告があったのですが
長くやっていると
やたらと
「書いたら叶った」という
報告が、届くのです。

なんで?
普通の手帳なんですけど・・・?(苦笑)

でもやっぱり
最近の感想でも
こんな報告があったんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

和田 裕美様

営業手帳を本屋さんで初めて見て使ってから早4年経ちました。

最初は手帳なんかどれ使っても一緒だろって思ってたのですが、なんと
使ってからその年に営業成績で60名程の営業マン人数ですが、年間トップになってしまいました!!

それまでは、順位はいつも真ん中から上くらいだったのに、
不思議とお客様にも気に入っていただき、
先生の手帳に書いてあるアドバイスを繰り返し読んで心で唱えると
なんだか前向きな気持ちになれることができました。
自分ならできる!!自分しかできない!!という気持ちになり、
効率良く仕事を出来るようになりました。
この手帳に書くと、
なぜか本当に叶ってしまいます。
今月の目標もゼッタイに叶えるというか、
楽に叶ってしまうんです。

本当に不思議な手帳です。あれから5年目を迎えて今も大切に使わせていただいております。
お礼が言いたくて、メールをさせていただきました。ありがとうございます。
Aさま 兵庫県在住

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うぎゃ、真実みたいです!!!

その後、この方に
「感想を載せてもいいですか?」と
お聞きしたら
ご丁寧に以下のお返事がきました。
ちなみにこの方は
不動産の営業をされているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

和田裕美様、スタッフ様

仕事上、たくさんのお客様、貸主、取引先と接することが多いのですが、
和田先生の手帳から話を広げて、
私の事や、先生のお話をさせていただく事が多いです。
家主様が和田先生の情報をけっこう詳しく知ってたのは
びっくりでした。

手帳を手に入れて、私の仕事に対する考え方や、
営業成績から社長、同僚や、
他店舗及びグループ会社のスタッフに
何か営業で工夫されてますか?
と自然とよく質問されるようになっているのですが、
シンプルにこの手帳を大切に使っている!!と、みなさんに見せてます。

ホント皆さんは、えっ?それだけ?とびっくりして何度もしつこく聞かれるのですが、
それは冗談ではなく、本当に手帳にいっぱい書いて実行して、
段取を考えて書いて、それでダメなときは、
和田先生の言葉を繰り返し読んでリフレッシュして、
やらない時は、全くやらなかったり(笑)やるときは死ぬほど実行する。
手帳に書いてある通りに実践するだけなんです。って周りに言ってます。

和田先生と出会えることで
私のように、冴えない営業マンからトップ営業マンへと変わっていただければ、
幸いでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すごいです。感動です。
ありがとうございます。
麻生川さま。

ということで
この、へんないわれのある
手帳。まあ、いいことは信じてみましょう。

あと
在庫がなくなった段階で
(手帳という性質上)
売り切りになるので
できればお早めに。

「和田裕美の営業手帳2017 オレンジ」

「和田裕美の営業手帳2017 ネイビー」

あ、そうだ
「書いたことが叶うというなぞ」を
追求されている対談もあります!
ここにも秘密が!

「なぜ、手帳を使うだけで夢が叶うのか?」企画の達人が探ってみた (ダイヤモンドオンライン)
(前編)

「なりたい未来を手帳に書くことで 一歩、一歩、具現化されていく」
(後編)

長くなったので
「和田祭り」の詳細は
次回にします。

とにかく、とにかく
12年目も宜しくお願いします

またご愛用者の感想をお待ちしております。
support@wadahiromi.com
サイン付きのお礼状をお送りします。

ではね

わだ