熊野のチャップマン邸

どうも わだです。
なにかとバタバタしていて
大切なことを紹介するのを
うっかり八兵衛していました。

熊野に3月1日行ったのですが
そのときに
和歌山県新宮市に残る江戸・大正時代の貴重な建物である
「チャップマン邸」のなかを
内覧しました!!!

これは
新宮生まれの
東京の文化学院を創設した
建築家、西村伊作(1884~1963年)が設計したものです。

ちなみに
チャップマンさんは
海外の方で
ここが気に入って
伊作さんに設計を依頼したそうです。

そのご
旅館になり
今はこのように
誰も使っていません。

写真ではわかりにくいかもですが
宿泊施設になっており
ベッドルームが6つもありました。

取り壊し寸前だったのを
新宮市が買い取り決定。

しかし、その後は
どうするか決まってないようです

ちょっと床とか
(たぶんシロアリかと)
やばいとか
いろいろあるけれど
もう、家はかなりレトロで
骨董品だらけで
すばらしいです。

なんか
だれか
ここで
なにか
したい人
アイディアください。

玄関から
案内してくださいました!!
IMG_6978

広いリビング
ここでみんな集まったんですよね
IMG_6885

かわいい体重計もレトロ
IMG_6884

お風呂のタイルも心をつかまれます
IMG_6918

階段はからの窓とか
すべて映画の世界だよ
IMG_6929

ベッドルームのひとつ、もっとある。
IMG_6911

屋根裏の部屋だけに「アンネ」というのはウケる(笑)
IMG_6932

埋め込みの食器棚
IMG_6949

暖炉の肘掛けは住人の背に合わせたとか。
チャップマンさんの肘に合わせてつくってあるのです。
IMG_6952

ボランティアで管理をされている山上皓一郎さんと。
IMG_6966

向い側にある、西村伊作記念館(伊作さんの最初の建築)
IMG_6986

日本中には、たくさんの
こういう残したい物件があります
でも、保存とコストが折り合わず
なくなく解体されてしまう

仕方ないのか
なんとかできるのか
考えていきたいです

わだ

85

「熊野のチャップマン邸」へ 4件のコメント

  1. うっかり八兵衛 さんより 2015年3月21日 6:15 AM

    たまに、ブログ拝見しています。大学を卒業して最初に入った会社で頂いたあだ名が、うっかり八兵衛でしたので、なんか自分が呼ばれている気がしました。
    私、うっかり八兵衛に憧れています。ところで、うっかり八兵衛って、早耳の瓦版屋さんが本業って知ってました? 水戸黄門のシリーズ第一回目は大体、瓦版を配っている八兵衛が出てきます。職業柄、ある藩で起こっている問題を旅人などから聞きつけます。それをご老公に報告すると、じゃあ、その藩の乱れを正すために、出掛けなくてはとなり、世直しの旅が始まるのです。八兵衛さんは、情報収集能力を買われて黄門様ご一行様に入っているんですね。だから、どこそこで、美味しい○○を食べましょうよとかいう台詞が出てくるんですよね。私が思うに、旅程は恐らく八兵衛が作っているのではと推測します。
    長々とコメント失礼いたしました。

    返信

  2. chocolat。 さんより 2015年3月24日 5:46 PM

    初めまして。
    うちの実家の犬の名前も「モモ」です。

    合宿をされてはいかがですか?
    少人数でのセミナーがあれば、面白いと思います。
    和田さん、ぜひ、実行してください。
    よろしくお願いします。

    返信

    • 和田裕美
      和田裕美 より 2015年4月2日 8:37 AM

      はい、合宿できる状態まで復旧できるか・・・いろいろ模索します、ありがとう!

      返信

  3. 内山 さんより 2015年7月18日 1:11 PM

    初めてお便りします。
    父の三回忌のため新宮に向かう特急の中で書いております。
    (台風11号が去り奇跡的に南紀号が動きました)
    チャップマン邸の中はこんなふうになっているんですね。初めて観ました。そして感激!!!
    以前ここの外観に魅せられすぎた私は、法務局に、
    「どなたか住んでいるのですか?」
    「持ち主はどこの人ですか?」
    「売りに出てたりしませんか?」と尋ねたことがあります。
    「ここは不動産屋じゃないので…」と苦笑された記憶が、今よみがえりました 笑
    明日久しぶりにトキメキに行ってきます。
    ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

人気記事