マララさん「なぜ銃を与えることは簡単なのに本を与えるのは難しいの?」この質問に答えられますか?

INFORMATION

カテゴリー:教育の現場
HOME > 和田裕美のももブロ > 教育の現場 > マララさん「なぜ銃を与えることは簡単なのに本を与えるのは難しいの?」この質問に答えられますか?

どうも わだです。

私がとても敬愛している先生がいます
その人は
ぜんぜん有名な人でなく
本を出しているわけでもなく
お金もちなわけでもなく
ただ、田町でひっそり
整体院をやっている人なんです。

私がその先生に
会いにいくときは
もちろん、身体を治してもらうわけだけど
なにより
先生の話を聞くのが楽しみで。
施術が終ってからも
先生といろいろ
デイスカッションしています。

だから私は
整体にいっているはずなのに
そこに4時間も滞在しているんです(笑)
(先生、ありがとう)

いつも先生は私に言います

「今、自分の頭で
考える人が少なくなったよね」と。

情報が流れてきて
「ああ、そうなんだ」と思う
けれど、
「ああ、そうなんだ」と思っただけで
そのまま、情報は
スループット
していってしまうのだ。

先生は会うたびに
私に新しい課題をくれて
それを考えろという。

だから私は
まえよりも
もっと考えるようになったのです。

あるとき
ノーベル平和賞を受賞した
マララちゃんの話になったとき
先生はこう言いました。

「あのさ
 マララさんは言ったでしょ。
【なぜ、銃を与えることはとても簡単なのに、
本を与えることはとても難しいのでしょうか。】
って。
これに答えることができる
大人はどれくらいいるんだろう?」

マララさんの言葉を
繰り返しますね

−なぜ「強い」といわれる国々は、戦争を生み出す力がとてもあるのに、
平和をもたらすことにかけては弱いのでしょうか。
なぜ、銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。
なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうかー

未来は
私たちが
どのような教育を
子供たちに与えるかで
決まっていくのだと
私は思っているのだけど

けど、
教育を与えないのはなぜ?

けど、
そのかわりに
銃を与えるのはなぜ?

先生はもうすっかり
答えがわかっているのに
私になんども問いただします。

質問に私が迷うと
先生は

「そうすることで
 誰が何を得するのだ?」と
ヒントをくれることもあります。

そうして
施術なんかとっくに
終っているのに
足湯をしながら
気付いたら4時間も5時間も
滞在していて
(先生の商売の邪魔しているのだな。。)
大きな気付きをもらって
帰ってくるのです。

子供は親に聞きます

「どうして
 大学にいったほうがいいの?」

「それは、いい会社に
 就職できるからよ」

「どうして
 いい会社に就職したほうがいいの?」

「それは安定しているからよ」

「どうして安定しているのがいいの」

「どうしてって
 お金に困らないからよ

「どうして
 安定してたら
 お金に困らないの?」

こんな会話が
今日もどこかで
あるかもしれないです

でも、
このお母さんの答えで
ほんとうに
こどもの純粋な「どうして」は
解明されていないのです。

大人はもっと
「どうして」を深めないといけないのかも
 しれないです。

あと2014年も少しで終ります

でも、自分と見つめ合う時間はまだ
残っていますよね。

ではね

和田裕美

もももよく考えているようです。

20141218_090527